電話 042-758-3515 診療時間 9:30~13:00 /14:30~19:00

歯周病・予防歯科

日本人が歯を失う最大の原因は歯周病です

歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位といわれているほど多くの方を悩ませている病気であり、また再発リスクが非常に高い病気です。症状には、歯ぐきの腫れや出血がありますが、初期段階ではほとんど自覚症状がないため、知らないうちに症状が進行してしまいます。そして気がついたときには重度の歯周病になっていたというケースも珍しくありません。

相模原富士見の歯医者「ふるかわ歯科クリニック」では、歯周病の治療や予防にも力を入れています。少しでも気になる症状がありましたら、すぐに当院へご相談ください。

「歯磨き粉のこと」についての当院のお知らせ(かわら版)です患者様から良く質問を受ける内容なので、ぜひ読んでみてください

5人に4人は歯周病予備軍!?

5人に4人は歯周病予備軍!?

歯周病は、歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。初めは歯ぐきなどに炎症を起こす程度ですが、次第に歯を支える顎の骨を溶かしてしまい、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうことがある怖い病気です。かつては「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれ、高齢者に多い病気でしたが、現在では若い人でも発症するケースが増えています。とくに妊娠中は悪阻(つわり)などの影響もあり、口腔内の衛生状態が悪くなりやすいため歯周病を引き起こしやすくなります。

あなたも歯周病かもしれません

以下のセルフチェックで、当てはまる項目をチェックしてみましょう。チェック数が多いほど歯周病の可能性が高くなります。

  • 歯みがきのときに歯ぐきから血が出ることがある
  • 歯ぐきが腫れて、赤紫色に変色している
  • 歯ぐきがムズムズする
  • 歯と歯の間に物が詰まりやすくなった
  • 硬い物を咬むと歯が痛いことがある
  • 歯ぐきから出血することがある
  • 口臭が気になるようになった
  • 朝起きたとき、口の中のねばつきが気になる
  • 歯を舌や指で押すとグラグラ動く
  • 歯ぐきに膿ができている
  • 歯が長くなった気がする

歯周病の進行と治療

歯周病の進行する段階と、治療方法をご紹介します。

軽度歯周病(歯周炎)

歯ぐきに軽い炎症が起き、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットが深くなります。痛みはありません。


歯みがき指導

歯みがき指導

患者さま一人ひとりに合った歯みがき指導をします。毎日の正しい歯みがきで、歯周病を改善しましょう。

スケーリング

スケーリング

歯石は歯周病菌の温床です。スケーラーという器具を用いて歯みがきでは落としきれない歯石を除去します

中等度歯周病

歯周ポケットが深くなり、顎の骨が溶かされはじめています。歯ぐきの腫れや出血がひどくなり、歯がグラついたり浮いている感覚が出たりすることがあります。


ルートプレーニング

ルートプレーニング

キュレットという器具を用いて、歯周ポケットの中に入り込んだ歯石を取り除きます。その後、汚れの再付着を防止するために歯の表面をつるつるに仕上げます。

重度歯周病

重度歯周病

さらに歯周ポケットが深くなり、顎の骨が溶けると、歯はグラグラと動くようになります。また、歯ぐきから膿が出てくるため口臭も強くなります。歯が抜け落ちてしまう手前の状態です。

フラップ手術

フラップ手術

歯ぐきを切開し、歯周ポケットの奥深くに付着している歯石を除去します。同時に感染してしまった歯肉組織も取り除き、歯ぐきを縫合します。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

歯肉組織を再生するため、感染した歯肉組織を取り除いた後「エムドゲインゲル」という歯周組織再生誘導剤を塗布し、溶かされた組織の再生を待ちます。

当院では、痛みが出にくく出血が少ない「炭酸ガスレーザー」を使用して施術を行っていますので、安心して治療を受けていただけます。

予防歯科でお口のトラブルを未然に防ぎましょう

お口のトラブルを避けるためには予防が大切です。予防方法は歯科医院で受ける「プロケア」と、ご自宅で毎日取り組む「セルフケア」があります。セルフケアはおもに歯みがきですが、みがき残しがどうしても出てしまうため、歯みがきだけでは十分なケアとはいえません。プロケアでは、口腔管理の専門家である歯科衛生士による、チェックやクリーニングを受けることができるので、自分ではみがききれなかった汚れまで落とすことができます。定期的にプロケアを受け、効果的な予防を実践していきましょう。

予防歯科メニュー

PMTC

PMTC

PMTC(プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、歯科医院で受けられる歯のクリーニングです。専用の器具を用いて歯に付着した汚れを徹底的に取り除き、つるつるにみがきあげたら、歯垢の再付着を防ぐためにフッ素塗布をします。定期的に受けることで、虫歯や歯周病の予防につながります。


フッ素塗布

フッ素塗布

再石灰化を促し、虫歯菌の活動を抑える働きのあるフッ素を歯の表面に塗布します。


シーラント(お子様向け)

シーラント(お子様向け)

臼歯(奥歯)には溝がたくさんあるため、歯垢や食べカスが溜まりやすくなります。そこで歯科用プラスチック(レジン)樹脂でその溝を埋め、汚れが溜まらないようにする虫歯予防処置がシーラントです。


予防歯科のメリット

メリット1 お口の中をベストコンディションに保つことができる

歯科医院での定期検診を受けることによって、虫歯や歯周病を予防でき、つねに口腔内をよい状態に保つことができます。

メリット2 治療の痛み、費用、期間が抑えられる

定期検診で予防処置を受けることで、治療にかかる費用と時間を抑えることができます。万が一病気になっていたとしても、定期的なチェックによって早期発見・早期治療が可能になるため、削る治療をしなくてもすむようになります。

メリット3 お口の中がスッキリします

定期検診でのお口のクリーニング(PMTC)を受けた後は、お口の中がスッキリとするのはもちろん、歯の表面がツルツしてキレイになります。口臭や軽度の着色も改善することができます。

虫歯や歯周病はなる前に予防しましょう

痛くない虫歯治療のための取り組み

「歯が痛くなってから治療を受ければいい」と考えていませんか?虫歯や歯周病はお口だけでなく、糖尿病などの全身疾患のリスクも高めてしまいます。

虫歯や歯周病は未然に防ぐことができる病気ですので、トラブルが起こる前からしっかりと予防することが大切です。セルフケアだけで完全に予防することは難しいですので、プロによるケアがおすすめです。当院では患者さま一人ひとりの口腔内環境に合った検診を行っています。